消費者金融で審査に落ちる人の共通点とは

通常、消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高いと言われています。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますので一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合、500から800万円が一般的ですが銀行カードローンの場合は一部の銀行を除いて800から1
200万円と高額です。

しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金に使用を認められていることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

消費者金融のキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

過去に自己破産を経験した人や延滞した事がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。

また、消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額ということですが、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数の金融業者から融資を受けている人は多重債務者と呼ばれ、どの消費者金融でも貸し渋りが起きます。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行法とは異なります。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというもので総量規制によって、借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法なので総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

それぞれ、メリットデメリットがありますので比較してみましょう。

消費者金融のキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるキャッシングローンです。

毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され毎月の返済日に引き落としをされる約定返済が基本の返済方法です。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額の範囲内で利子を引いた後の金額が元本の返済に充てられるという仕組みです。

そのため、利息の計算日までになるべく元本を減らすのが利子を減らす有効な方法となります。

返済する方法として約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

一方、消費者金融とは貸金業専門になり限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

消費者金融と銀行の違いは業務内容が異なるという点です。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

お金を貸し付けてもらうことができる金融機関には銀行の他に消費者金融やクレジットカードでのキャッシングがあります。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが最近では銀行でもカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。

利益を獲得しています。

銀行と消費者金融の金利を比較した場合、しかし、銀行カードローンの中には消費者金融よりも金利が高く設定されているものもあるため一概に消費者金融のほうが銀行カードローンよりも金利が高いとは言えないのです。

通常、消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利になっていることが多いです。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1
200万円まで借り入れることが可能です。

しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

消費者金融と言うとサラ金や怖い人というものが連想され怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。

バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなり法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く何のCMだか全然分からないという声聞こえてきます。

消費者金融のキャッシングの審査は比較的通りやすいので審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

また、貸金業法に基づいた総量規制という年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも敬遠されます。

消費者金融のメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

多く払い過ぎた金利分は返還してもらう権利がありますが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。